カラダのつくりとケガBody & injury

Elbowヒジ

Structureヒジのつくり

スピードやコントロール調節を司るヒジ。
用具を持って行う競技の際、ヒジはスピードやコントロールの調節に重要な役割を持ちます。
そんなヒジはそれぞれ3つずつの骨とジン帯と関節で構成され、筋肉と連動して複雑な動きを可能にしています。

内側側副靭帯

投げる時に引っ張られるジン帯で、ヒジの内側(小指側)にあります。
外側側副靭帯

投げる時に圧縮されるジン帯で、ヒジの外側(親指側)にあります。
橈骨輪状靭帯

橈骨(ヒジから手首までを支えている骨で親指側の骨)を支えているジン帯です。

Injury主なヒジのケガ

ヒジに起こる主なケガを紹介します。

障害<しょうがい>

バックハンドテニスひじ
バックハンドテニスひじ

ヒジの外側が痛み、日常のささいな動作でも痛みを感じます。テニスプレーヤーに多く発生することから「テニスひじ(上腕骨外上顆炎)と呼ばれています。

原因
バックハンドで打つ瞬間に手首を返す動作の繰り返しによって起こります。

もっと詳しく!鉄人に聞く

フォアハンドテニスひじ(ゴルフひじ)
フォアハンドテニスひじ(ゴルフひじ)

ヒジの内側が痛みます。ゴルファーにも多く発生することから「ゴルフひじ(上腕骨内上顆炎)とも呼ばれます。

原因
間違ったフォームでサーブやストロークを行なった時に手首に伝わる衝撃が原因です。

もっと詳しく!鉄人に聞く

野球ひじ
野球ひじ

筋肉またはジン帯と骨がくっついている部分や、関節が痛みます。ヒジの外側に痛みが生じる場合は重症と考えられます。

原因
ヒジの使い過ぎや、間違ったフォームで投げることが原因です

もっと詳しく!鉄人に聞く

痛みを感じたり、故障が発生したら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

肩・ヒジ・手首・指の痛み 対策ハンドブック

ヒジのつくりから、ケガ予防のストレッチ法などをわかりやすく紹介!
「肩・ヒジ・手首・指の痛み 対策ハンドブック」

PDFダウンロード

このカテゴリの商品をご紹介

商品リストはこちらから