肩腱板断裂 Rotator cuff tear

肩腱板断裂

ドクターによる症状解説

Naoya Nishinaka

西中直也先生

医学博士、日本整形外科学会認定専門医
日本肩関節学会代議員、日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定スポーツ医

肩腱板断裂

肩甲骨と上腕骨をつないで肩関節を安定させている腱板という4つの筋肉(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)の断裂を指します。

疾患の概要

はじめに

肩関節は上腕骨骨頭と肩甲骨関節窩で構成されています。両者はまるで剣玉の大きな玉と小さい受け皿のような関係です。したがって関節の中で最も大きな可動域を有します。反面、関節の中で最も不安定な関節です。そこで腱板が重要な役割を果たしているのです。

症状

安静時痛・夜間痛を伴うことが多いですが、断裂の大きさや外傷のある、なしで異なってきます。
小・中断裂では上肢を挙げる時の引っかかり(インピンジメント)とともに刺激痛を生じることが多いです。筋力そのものはあまり落ちませんが、疼痛により力を発揮出来なくなります。
一方、大きい断裂の場合は上腕骨との連結が途絶されているため力を伝えることが出来ません【図1】。痛みとは関係ない筋力低下がみられます。また、腱板断裂は疼痛や可動域制限だけでなく、長期的には変形性肩関節症の原因になります。ほとんどが上方の棘上筋腱および棘下筋腱に起こり、次に前方の肩甲下筋の断裂を合併します。小円筋が断裂することはまれです。

【図1】

原因・発症のメカニズム

腱板断裂はその原因により大きく外傷性断裂と変性断裂に分かれます。
前者は外傷を契機に断裂するものをいい、後者は加齢的な要素が大きく影響し外傷歴なく断裂するものです。
変性断裂は無症状のまま断裂していることも少なくありません。実際、高齢者では外傷の既往を全く自覚していないことも少なくありません。いわば“いつの間にか腱板断裂”が生じていると考えられます。
また、外傷性断裂も変性を基盤としているため主に50歳以上の中高年に好発します。また、高齢になるほど腱板変性が進行するため、軽微な外力により断裂しやすくなります。
この他、投球を中心としたオーバーヘッドスポーツでは、オーバーユース(使いすぎ)により若年者でも腱板断裂を生じることがあります。

診断

通常のレントゲン画像では分からないことが多く、腱板が描出可能なMRIや超音波の画像検査により診断できます【図2】。
断裂の大きさ(小・中・大・広範囲断裂)や深さ(完全断裂、不全断裂)は様々です。

【図2】MRI画像
断裂部の輝度上昇(白く見える)が確認できます。

治療・リハビリ

保存療法では消炎鎮痛剤を中心とした薬物療法、ヒアルロン酸やステロイド剤の関節内注射、リハビリテーションがあります。
保存療法に抵抗し、継続する肩関節の夜間痛、挙上時の疼痛、挙上困難を認める場合は手術療法が選択されます。また、“いつの間にか腱板断裂”でなく、明らかな外傷による断裂は手術となるケースが多いです。
手術は、関節鏡視下にアンカーという骨に打ち込む楔によって修復する方法が主流になっています【図3】。アンカーは骨に置換されるものが多く使われています。術後は症状が安定するまで、3~6ヶ月を要します。

【図3】アンカー打ち込み手術

関連する症例

プライバシーマーク