関節サポート

ヒザが痛くなる

ランニングでの着地時の衝撃は、体重の3~5倍にもなり、筋肉、関節への負担が想像以上にかかっています。筋力が弱ければ、何百kgという衝撃が関節に繰り返し伝わり、トラブルの原因になります。これらの症状を回避・再発予防をするために、日ごろからヒザ周辺の筋肉のストレッチやウォームアップ、クールダウンを行い、しっかりケアしましょう。

ランナーに起こりやすいヒザの障害

ランナーひざ(腸脛ジン帯炎)

ランナーひざ(腸脛ジン帯炎)

ヒザ外側のジン帯と骨が擦れて、ヒザの外側に痛みがでてくる症状のことを指します。骨とジン帯の構造により発生する障害なので、他のランニング障害と比べても再発しやすいと言われています。


ランナー膝の詳細はこちら

ジャンパーひざ(膝蓋ジン帯炎)

ジャンパーひざ(膝蓋ジン帯炎)

ジャンプや着地の繰り返しにより、ヒザに負担がかかり、痛みがでてくる障害です。ヒザのお皿まわりに痛みが出ます。



ジャンパー膝の詳細はこちら

走るとすねの内側が痛くなる

ランニングで受ける地面からの衝撃は、足関節とふくらはぎの筋肉で吸収されます。また前へ力強く進むために地面を蹴る力も、ふくらはぎの筋肉と足関節の働きによって生み出されます。長い距離を走る際には足のアーチが低下したり、支える筋肉が疲労することでさまざまな箇所に負担がかかり、障害を起こしやすくなります。特にふくらはぎは複数の筋肉が重なり合っており、「シンスプリント」と呼ばれる、すねの内側の痛みが出やすいと言われます。
「シンスプリント」の原因には諸説ありますが、足底のアーチを支えてあげたり、部分的に圧迫をかけることで痛みのある箇所の負担を軽減してあげることが有効といわれています。

ランナー起こりやすいすね(ふくらはぎ)の障害

シンスプリント

シンスプリント

繰り返しのランニング(オーガーユース)やジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害。ふくらはぎの内側に痛みが出ます。疲労骨折と痛む場所が良く似ているため、このようなふくらはぎの内側の痛みがでたら、医師の診断を受けることをおすすめします。

※痛みのある場合は練習を休み、すぐに医師の診断を受けることをおすすめします。


シンスプリントの詳細はこちら

プライバシーマーク