鉄人に聞け!アイシング

症例解説Body & injury

Otherその他

アイシングIcing / Cryotheraphy

  • 原因や治し方(医療編)
  • 予防や対処法(トレーナー編)
label_15_01

近年、日本でもトップクラスのスポーツ選手やアメリカンフットボールや野球などの競技では、運動後のアイシングは常識化してきました。しかし比較的早期にとり入れた全日本男子バレーボールチームでさえ、まだ約15年の歴史しかありません。中・高校生の間では、もっぱらケガをしたときの応急処置のみの使用が現状です。  しかしアメリカでは、高校生レベルでも練習後のアイシングはもとより、練習前のアイシングも常識化しています。
 そんなアメリカでのアイシングの実際を、ドクターとして研修する機会に恵まれた10年前に目にすることができました。カリフォルニア州サンディエゴをホームタウンとするMLBチームのサンディエゴ・パドレスと、NFLチームのサンディエゴ・チャージャーズの公式戦にベンチ入りさせてもらったのです。
 ピッチャーは球場入りしたらまずアイシングを行います。そして、ストレッチングをしてからアイシング、ランニングをしてからアイシング、投球練習をしてからアイシング、登坂後には細かく砕いた氷をバスタオルで包み、肘〈ひじ〉や肩関節全体を包み込むようにしてアイシングしていました。時間にして15〜20分です。各スポーツ施設には、アイシングで使用する氷を作る巨大な製氷機が立ち並んでいたのが印象的でした。


アイシングによる効果

(1)アイシングした患部(主に皮膚表面)の温度を低下させる。
(2)細胞の新陳代謝を低下させる。アイシングはケガの応急処置にも用いられるが、それは、冷却によって血流と組織レベルでの代謝が低下するため、ダメージを受けた組織の二次的な低酸素症を抑制することができるからである。
(3)局所の炎症が軽減する(腫張〈しゅちょう〉の抑制)。
(4)痛みを和らげる(神経の伝達速度を低下させる)。
(5)血液循環への影響。
(6)筋肉の緊張を和らげるリラクゼーション効果がある。
(7)医学的にはリハビリテーション開始時期に用い、治療期間の短縮、術後の疼痛〈とうつう〉緩和などの効果を期待している。


RICE(S)処置:急性外傷の応急処置でのアイシング

急性外傷への安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)、固定(Stabilization)による効果を利用した、最も代表的な処置方法です。


運動前のアイシング

アイシングによって筋肉や関節の痛みに対する鎮痛効果(痛み閾値〈いきち〉の上昇)が得られますので、ウォームアップ時にはその効果を利用することで痛みを感じることなく始動できます。また、骨格筋内の感覚受容器である筋紡錘〈きんぼうすい〉の活動低下によって筋肉の緊張が緩和され、それに伴う可動域アップを目的としています。
 サーモグラフィを使っての皮膚の温度調査(写真1)では、アイシング後20分間とアイシング前とを比較すると、10℃以上の差がみられました。冷却効果が持続している時間内にウォームアップを開始すれば、疼痛を緩和した状態でより効果的な始動ができますので、スムーズに活動期へと移行できると考えられています。

label_15_09

アイシングの注意

アイシングすることで局所の神経や筋の活動は低下していますから、アイシング後の運動はダッシュなどの俊敏な動作は行わず、ストレッチング(冷却とストレッチを組み合わせたクライオストレッチ)などの軽度なものにとどめるべきです。
 また糖尿病やアルコール性末梢神経炎などの局所の知覚神経鈍麻、リュウマチ、レイノー症(指先が冷えて白くなる)、局所の血管性循環障害をもつ人、冷却に過敏な人は要注意。アイシングによって凍傷を起こす場合があります。
 そして、前記の障害をもたない人でも、長時間冷やすと凍傷になる恐れがありますので、冷却部位に感覚がなくなってきたらアイシングを一時中断し、皮膚の温度や感覚が戻ってきてから再開してください。


冷却から温熱へ

アイシングから温熱療法に変更する目安は、(1)局所の熱感がない、(2)局所の腫れ(腫張)がない、(3)局所の発赤がない、(4)局所がうっ血、充血している、(5)アイシングによる効果が半減してきたとき、(6)選手が冷却より温熱を好む場合、(7)急性外傷期が過ぎて慢性期に入った場合、などです。


季節による変化

夏は、屋外で運動をすると酷使した筋肉などによって体温が上がりやすいので、アイシングによる冷却効果は得やすくなります。一方、冬は気温も低いので、練習後は素早く屋内に移動して、暖かい場所でストレッチングやアイシングを行いましょう。


トップチームにおけるアイシングの事例

1998年世界選手権でのバレーボール男子全日本チームにおけるアイシングは、主に氷のうを用いて15〜20分間かけて行いました。利用部位は主に疼痛や熱感をもっていた(1)膝・(2)肩・(3)足・(4)肘関節の4ヵ所で、1名平均1.5ヵ所でした。なかには数ヵ所同時に利用した例もありました。運動後と運動前との比較では、登録選手12名全員(100%)が運動後に、12名中4名(33.3%)は運動前にもウォームアップの一環として導入していました。
 また、膝関節痛と足関節捻挫を抱えた選手2名(16.7%)については、循環式アイシングシステムを就寝中も活用して大変有用だったという報告がありました。

label_15_10

アスレティックトレーナーや選手が自ら行う、アイシングの方法を紹介します。また、アイシングに使用する既存のグッズは身近にある物で代用可能ですので、作り方、使い方など併せて紹介します。

label_15_11

痛みを感じたり、故障が発生したら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

アイシング ハンドブック

アイシングの正しい知識や方法を わかりやすく紹介!
「アイシング ハンドブック」

PDFダウンロード

「アイシングアイテム」の商品

商品リストはこちらから