鉄人に聞け!夏バテとスポーツ貧血

症例解説Body & injury

Otherその他

夏バテとスポーツ貧血Heat exhaustion & Anemia

  • 原因や治し方(医療編)
  • 予防や対処法(トレーナー編)
label_18_01

夏バテのシーズンですが、一口に夏バテ(暑気当たり)といっても熱中症、脱水、体力消耗、貧血、食欲不振、日焼け(火傷)など、さまざまな原因が挙げられます。なかでもこの時期、特に気をつけたいのがスポーツ貧血です。
 スポーツ貧血とはスポーツが原因で起こる貧血であり、比較的ハードなスポーツを継続する選手に起こりやすい傾向があります。汗(夏は特に多くなる)、尿(血尿が出るまで練習しろと叫ばれていた時代があった)、便(陸上長距離選手特有のタール便)に排泄〈はいせつ〉されるヘモグロビン鉄の消失による鉄欠乏、マラソン・バレーボール・バスケットボールのように足底へ繰り返し衝撃がかかるスポーツや、剣道のように身体に衝撃がかかるスポーツでは、同部分で血液中の赤血球が破壊される溶血(行軍血色素尿症)が原因となって貧血が起こります。また、運動急性期に血液が薄まる(血漿〈けっしょう〉増加)、見せかけの貧血などもあります。  特に成長期の運動選手では、鉄は、血液を作る以外に、筋肉や骨格などの身体を構成する組織づくりにも使われます。つまり、いくらあっても足りない状態にあるということです。さらに成長期の女子選手では、月経による失血が加わって貧血を増長しますので、成長期の選手管理には特に注意を要します。


症状

易疲労感(疲れやすい)、食欲不振、全身倦怠〈けんたい〉感(だるい)、頭痛、動悸〈どうき〉・息切れ(高地に行ったときの感覚)、眼瞼〈がんけん〉結膜蒼白(アッカンベーの状態でまぶたの裏が白い)、爪の変形、ボーッとして集中力が低下するなどの症状がみられ、記録の低下や伸び悩みにつながります。


オリンピック選手(トップレベル)

日本代表選手のメディカルチェックでは男子選手の約10%、女子選手の約20%に貧血が認められています。また、筆者が担当した全日本バレーボール選手でも同様に、男子選手は18名中2名(11.1%)が、女子選手では18名中4名(22.2%)に血液検査上での貧血が認められています。そして、血液検査には引っかからなくとも、貧血状態にある選手は数多く存在しているものと思われます。これと比較して、一般成人男子では約5%以下、女子では約10%以下と、運動選手の約半分の割合となっています。


血液検査上の指標

末梢血液中の赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットが低値となる低色素小球性の貧血像を呈し、血清鉄の減少、総鉄結合能(TIBC)の増加、血清フェリチンの減少、血清鉄の減少などが見られます。


貧血のパターン

貧血の第一歩である「鉄欠乏状態」では、貯蔵鉄が減少してきますが、末梢血液検査上では正常値を示します。そして、「軽度の貧血」では次第に組織の鉄や血清鉄も減少していきます。最終段階の「鉄欠乏性貧血」になると、赤血球のヘモグロビン鉄や血清鉄が極度に減少してきます。


種目による頻度

陸上長距離選手(特に女性)、バレーボール、バスケットボール、剣道、新体操といった、長い距離を繰り返し走る、ジャンプを繰り返す、身体をぶつけるスポーツに多いようです。


治療

貧血状態では、食生活の改善(76ページからの「スポーツ119」参照)とともに鉄サプリメントを使用することもよいでしょう。鉄欠乏性貧血の診断が下れば、鉄剤の経口投与が第1選択となります。その際、鉄吸収効果が上がるビタミンCやタンパク質を併用しましょう。また、練習時間や内容の検討も行ってください。


代表例1

15歳男子バスケットボール選手。夏に体育館で1日3時間の練習を週4日間続けたところ、1ヵ月後の練習中に横にならなければならないほどの全身倦怠感が出現した。当初はサボリだとみなされていたが、症状が継続するために肝炎の疑いで血液検査したところ、鉄欠乏性貧血の診断。約1ヵ月の運動休止と鉄剤投与で倦怠感も消失し、検査値も正常化したのでスポーツに復帰したが、同様の症状は夏に出現するため、夏には鉄サプリメントを使用するようになった。

label_18_15

代表例2

17歳女子陸上長距離選手。1日約20のランニングを約1年半継続していたが、記録が伸びなくなってきた。生理が止まり練習時の集中力も低下してきたため、病院を受診して血液検査を行った結果、ヘモグロビン値は9.5g/dl、血清鉄は40g/dl、総鉄結合能は420g/dl、鉄飽和率は10%と、極度の鉄欠乏性貧血であった。

症状

スポーツ選手にとって、日本の夏は特に厳しいようです。トライアスロンの大会で世界各地を転戦していますが、日本のような湿度の高い夏は選手を苦しめます。日本国内で開催する国際レースでは、海外選手のパフォーマンスが落ちたり、フィニッシュ後に倒れ込んだりする光景をよく目にします。そんな環境で日々のトレーニングを行わなければならない日本の選手の身体には、大きな負担がかかり、疲労が蓄積しています。
 トレーニングの効果は、休養しているときに得られることはみなさんご存じだと思いますが、夏の暑さによって疲労が増し、回復にかかる時間も長くなります。すみやかな疲労回復を促すためにはトレーニング中の暑さ対策、そして疲労回復時やトレーニング時以外での暑さ対策が必要になります。  また、小・中学生や高校生、大学生では、通常の授業中心の日程が部活中心となる夏休みに、夏合宿や大会の日程が集中して組まれています。この期間は強度の高いトレーニングや試合が続きますから、特に注意が必要です。

label_18_16

トレーニングでの暑さ対策

トレーニングの暑さ対策は、練習開始時間などに工夫が必要です。暑さがピークになる日中は避け、早朝や夕方に行うことをお勧めします。また、水分補給や休憩の時間をふだんより多めにとることも必要です。もし可能であれば、涼しい高原などで合宿することが望ましいと思います。
 また学生は、夏休み直前にテストがありますが、テスト期間は冷房がきいた部屋や図書館で勉強する時間が長くなることから、屋外の暑さに慣れていないことが考えられます。そうしたケースには、トレーニングの時間や強度を徐々に増していくことで対処するとよいでしょう。
 屋外で行うスポーツでは、ウォームアップやストレッチングなどの日陰でできることは直射日光を避けて行ったり、競技ウエアが長袖・長ズボンである野球や、アメリカンフットボールのように防具をつける必要があるスポーツでは、トレーニングにおいては、半袖・短パンや防具なしで行ったりすることも、暑さ対策の1つとして挙げられます。
 プールがある環境でトレーニングを行っているならば、クールダウンをプールで行うことをお勧めします。熱くなりすぎた身体を冷ますため、プール以外でも近くに川や海があればそこでも構いません。シドニー・オリンピック前にトライアスロンの代表選手とアメリカのコロラド州にあるボウルダーへ合宿に行った際、バイク、ランのトレーニング後は近くに流れる川で、10〜15分間かけて身体を動かしながらクールダウンを行いました。


トレーニング外での暑さ対策

次に、トレーニング時間外での対策ですが、まず第一に食事が重要です。メディカル編にもあるように、汗や練習量の増大によって鉄分が不足する可能性が高まります。暑いなかでトレーニングを行ったあとでは食欲が落ちてしまい、冷たい飲み物を多く取ったり、さっぱりとした冷たい麺類ですましてしまったりすることが多くなります。そうなると必要な栄養素が不足してしまいがちです。よって、食事の際には酢や香辛料、豆腐などを利用したりして、暑さで食欲が落ちた状態でも食べやすくする工夫が必要です。
 また、どうしても不足しがちな栄養に関しては、サプリメントを利用してもよいでしょう。以前、トライアスロンの選手で、鉄のサプリメントを継続して取っていたけれども、やめたとたんに貧血になったという選手がいました。理想は通常の食事から取ることですが、夏の暑さという特別な環境であれば、スポーツ選手は通常の人より多くの鉄を消失してしまいますので、食事の工夫に合わせてサプリメントを利用するとよいと思います。
 鉄を吸収するためにはビタミンが必要です。飲み物を100%のオレンジジュースにするなどの工夫をしてみてください。冷たい飲み物だけですませることなく、必要な栄養素を吸収しやすくしたり、エネルギーをうまく使ったりと、必要なビタミン類をしっかりと摂取するようにして、夏こそ食事に気を使うことが必要です。  次に冷房に関することですが、暑い屋外と冷房で冷えきった室内を出たり入ったりすると、急激な温度変化が原因で身体が疲れてしまいます。できるだけ室内と屋外との温度差を小さくするように温度を設定し、決して冷えすぎないようにしてください。
 また逆に、冷房が身体に悪いと決めつけて一切使用しない人もいますが、寝苦しい熱帯夜が続いて寝不足になると疲労回復が遅れます。前述したように温度を高めに設定したり、冷房ではなく除湿やドライ設定でタイマーを使用したりするなど、冷えすぎに十分注意をした上で、理想的な睡眠を確保することを優先してみてください。

痛みを感じたり、故障が発生したら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

アイシング ハンドブック

アイシングの正しい知識や方法を わかりやすく紹介!
「アイシング ハンドブック」

PDFダウンロード

「アイシングアイテム」の商品

商品リストはこちらから