鉄人に聞け!ドーピングコントロール

症例解説Body & injury

Otherその他

ドーピングコントロールDoping Control

  • 原因や治し方(医療編)
  • 予防や対処法(トレーナー編)
image_31_01

ドーピングとは

競技において、興奮剤や筋肉増強剤などの禁止薬物を運動選手や競走馬が使う不正をいいます。オリンピックにおけるドーピング検査の実施は、1968年の冬季グルノーブル大会、夏季メキシコ大会より始まりました。


ドーピングコントロールの目的

薬物使用や不正行為をさせずに、競技者が公平な条件で戦えるようにすることです。現実には、84年のロサンゼルス・オリンピック以来、商業化が進み、巨万の富と利権がかかっているため違反者が後を絶たず、不正と取り締まりはいたちごっこです。以前は故意ではない、情状酌量〈しゃくりょう〉などの特例もありましたが、現在は疑わしきは罰する方針です。風邪薬1つ飲めないルールと嘆かず、ドーピング検査は一流選手の証と思ってください。  99年に世界アンチドーピング機構(WADA)、2001年に日本アンチドーピング機構(JADA)が設立され、国際オリンピック委員会(IOC)はアンチドーピング活動をこれらの機関に委託しています。


対象大会

オリンピックはもちろん、その予選大会、世界選手権、ワールドカップ、アジア大会、ユニバーシアード、各種選手権大会はドーピング対象大会です。国際大会のみならず、国内では昨年から国体でも検査が実施されました。

image_31_02

日本人選手の事例

84年ロサンゼルス・オリンピックの男子バレーボール競技で、2名の陽性者が出たのが最初です。ただし、このときの1人の選手は風邪薬として内服した漢方薬の葛根湯〈かっこんとう〉に含まれているエフェドリンが禁止対象薬物であったためですが、故意ではないとのことで出場でき、薬を渡したトレーナーのみ処罰されました。もう1名は、その大会から禁止項目に入った男性ホルモンのテストステロンが検出されましたが、生体内に存在するホルモンのため分泌量に個体差があり、過剰な場合は考慮されてない検査方法であったため、後にシロと裁定されました。


ドーピング禁止薬物とは

①興奮剤:麻薬のコカインは、脳神経を刺激して眠気や疲労感をなくします。コーヒーのカフェインなどに代表される興奮剤もあります。交感神経作動性アミン系興奮剤はぜんそく、風邪、鼻づまりに用いられるので要注意です。漢方薬や市販のドリンク剤にも含まれています。
②タンパク同化剤:いわゆる筋肉増強剤であり、男性ホルモンのテストステロンが有名です。ソウル・オリンピックでベン・ジョンソンが使用して金メダルを剥奪された事例があります。副作用が強く、女性の男性化、突然死なども起こりうるため危険です。
③麻薬性鎮痛剤:多幸感や無敵感を生む薬剤。習慣性になり、末期は禁断症状が出現して廃人化します。
④利尿剤:体重制限のある種目で、急激な減量のためや、尿量を増して、違反薬を薄める目的で使用されます。
⑤ペプチドホルモン、その他:アレルギー薬、目薬、鼻炎薬、育毛剤、皮膚軟膏、強壮ドリンク剤にもステロイドホルモンが含まれている場合がありますので、要注意です。最近では酸素運搬能力(持久力)を高めるため、造血促進のエリスロポエチン(EPO)による違反が多くなりました。
 その他、アルコールなど特定競技での禁止薬や、局所麻酔剤などの許可申請薬があります。自己血液の輸血なども不正行為の違反となります。


罰則

最初の違反者には、すべての競技会に対して2年間の出場停止となります。例外もありますが、コーチや役員まで罰せられることもあります。


予防

薬やサプリメントについては、少なくとも大会1ヵ月前からは帯同ドクターに処方されるか、直接確認を受けたもの以外は一切使用しないこと。ドクターにかかるときには、自分がドーピング検査を受ける可能性があることを告げてください。薬局、コンビニで手に入る薬品やドリンク剤、サプリメント(特に海外からの)などはかなり危険です。
 普段から薬やサプリメントについて、飲んだものはすべて記録しておくべきです。医者に処方してもらったものも、必ず薬剤名を確認して記録するとよいでしょう。また安全に使えて、自分に合った薬を普段から見つけておくべきで、自分の口に入れるもの、自分の身体に使用するものは自分で責任をもちましょう。


検査の実際

試合後に自分の尿を検査室で採取して、2本のボトルに移してから提出します。試合後に行われるため、汗をかいたあとなので尿が出なかったり、採尿(検査官に見られている)で緊張して検査に難渋することが多々あります。

image_31_03

抜き打ち検査

検査実施が明らかな試合後のチェックだけでは、ごまかされてしまうため、最近は抜き打ち検査が行われるようになりました。空港や練習会場に突然現れてチェックされます。ただし筋肉増強剤など悪質な薬物が対象です。

身近になったドーピング

ひと昔前までは、一般のアスリートにとってドーピングは身近なものではありませんでした。それは代表選手クラスの特定のレベルで行われていることで、オリンピックやアジア大会にかかわらない限り、関係のないことのように思われていたのです。まさにブラウン管の向こう側のイメージがありました。
 そのドーピングが、最近になって日本国内の大会でも行われるようになってきました。他人事だと思っていたドーピングが突然、目の前にやってきた感じです。理屈ではわかっていたつもりでも、いきなり「出場停止」「メダル剥奪」、そして何より周りからの非難の目の中心に位置することになる可能性が出てくると、平常心ではいられません。
 何よりもドーピングを選手自身がきちんと理解して勉強し、何かの間違いが起きないように普段から心がけることが大事です。もちろんチームスポーツであれば監督、コーチ、トレーナー、栄養士などすべてのスタッフが協力し、サポートしていく必要があります。個人スポーツの場合には、かなりのレベルで自己管理が必要になりますが、若い世代にとってはご両親、特にお母さんの理解と協力も必要になることでしょう。
 具体的には、練習日報など日々の記録のなかに、摂取したすべての食事、水分、サプリメント、薬を記録することが第1歩になります。コンビニで買ったものも、街のドラッグストアで買ったものも、ドクターから処方されたものもすべて1つ残らず記録します。この時点では、どれがドーピングの禁止薬物であるかをいちいち気にしていないかもしれないし、本当に風邪を引いて風邪薬を飲んだ場合は、ちゃんとそれを説明すれば大丈夫ですから余計なことは考えず、とにかく記録する習慣をつけることです。


最近の話題

つい先日、バレーボールのアテネ・オリンピック世界最終予選が日本で開催されました。もちろん、ドーピング検査が毎試合行われたことはいうまでもありません。そのために召集されたドクターをはじめ、関係者の方々には、大変なご苦労があったと思います。というのは、実は、サンプルの採取の件です。
 テレビでも連日放送されていたので、ご存じの方も多いと思いますが、男子チームは、何度となくフルセットまでもつれ込み敗れてしまいました。その2時間を超える5セットを戦い抜き、そして敗れたチームのスーパーエースがドーピング検査に呼ばれた場合、簡単に尿が出ないのは誰にでも想像できるはずです。翌日にも試合があるにもかかわらず無理やり水分をとらされ、2時間以上も粘ってやっと出たわずかなサンプル…。関係者は、その時点でホッとするわけですが、食事もとれずミーティングにも遅れ、深夜に宿舎に戻る選手のことを思うと、選手のことを考えていないような気がしてなりません。
 決して簡単ではありませんが、「前日に当日の」「試合前に試合中の」「1セット目に次のセットの」「前半に後半の」「活動中に活動後の」「日中に就寝時の」ための水分を摂取しましょう、という大前提を選手にも理解させ、たとえ試合中でも小まめに水分をとらせる必要があるのかもしれません。もちろんドーピング対策というものではなくて、最後の瞬間まで、最大限の能力が発揮できる状態にいるためです。細胞が水分的に枯渇状態になっていては、力も出ないし、おしっこも出ないわけですから…。


突然の来訪

「今からお伺いします」と一方的な電話をもらい、こちらの事情や状況などお構いなしでやってくるのが抜き打ち検査です。これには、びっくりします。「有無を言わさず何がなんでもサンプルを摂取するぞ!」という意気込みには、迫力さえ感じます。
 抜き打ち検査のスタッフも、普段はどこでどのような時間帯に練習をしているのかは、ちゃんと調査してくるようです。NEC女子バレーボールチームの場合も、ちょうど練習が終わるような時間を見計らってWADAのスタッフと通訳の方が来られたようです。
 しかし、その日は、翌日にⅤリーグの公式戦を控えていたので遠征に出かけていました。体育館に来られたスタッフの方は、慌てて遠征先に移動、我々の宿舎に到着されたのは夜の9時過ぎでした。「明日は試合だし、食事もミーティングも終えて休んでいるから勘弁してくれ」と事務局の方から言っていただいたのですが、「今の時期に試合はないはずだ。来たからにはやらずには帰れない」と譲りません。翌日が試合であることは、関係者なら誰でも知っているし、新聞にだって載っているし、調べればすぐにわかることなのですが、外国から派遣されてきたそのスタッフの方は、FIVB(国際バレーボール連盟)の登録メンバーとスケジュールだけを参考に来たようなのです。
 検査対象も、「誰になるかわからない」という噂も聞いていましたが、その当時(2001年)にナショナルチームにかかわっていた6人全員が検査を受けることになりました。自分は対象にはならないだろうと思っていた選手の困惑ぶりは、見た目には印象が悪かったかもしれませんが、10代の若い選手たちが動揺するのは普通なのかもしれません。
 “クロ”となると選手生命にも影響をするし、その辺に売っている風邪薬でも引っかかることがあります。しかもバレーボールの世界では、栄養ドリンクで“クロ”になった例や、体質的に引っかかってしまった例(ロサンゼルス・オリンピック)も伝説になっているので、意図的に悪いことをしていなくても「捕まる」可能性があるという噂が広まっていたのです。
 そういったわけで、かなり精神的にドキドキした雰囲気のなか、慎重に検査容器を自ら選び、さらにホテルの狭いトイレに女性スタッフが一緒に入っての採尿…。こんな物々しい空気にも人前でおしっこをすることにも慣れていない若い選手たちが、簡単に出せるわけがありません。
 翌日が試合であるにもかかわらず、さまざまなドリンクを用意し、いろいろな姿勢になりながら頑張って全員の採尿が終わったのは、午後11時をかなり回ったところでした。

image_31_04

初めにドーピングありき

1905年にテオドア・ルーズベルト大統領が、スポーツのルールを徹底しようと提唱したときには、「スポーツの公平性」と「選手の安全性」が最優先事項でした。しかし、その後、徐々にルールあってのスポーツとなり、選手のことを蔑〈ないがし〉ろにした時代がありました。「初めにルールありき」などと嫌味がいわれたのは、そのころです。
 現在のドーピングにはすでに四半世紀を超える歴史があり、検査技術がどんどん進化しました。50mプールいっぱいの水に、1滴だけ垂らした禁止薬物さえも検出できるそうです。
 しかし、選手にとってはいまだに優しくはありません。もちろん、ルールを破った選手がいたからこうなったのかもしれませんが、本来はルール制定のときと同様、「公平性と安全性」が目的だったはずです。
 「選手のために…」というよりは、選手を容疑者扱いしていないだろうかという感じがしなくもないのはなぜでしょう。
 スポーツの現場においては、純粋で真面目に取り組んでいる選手たちにとって、味方になるようなドーピング検査になっていくことを望むばかりです。もちろん我々は、どんなに厳しくても全面的に協力します。なぜなら、必死で頑張っている選手たちを「冤罪」〈えんざい〉に陥らせたくはありませんから…。

痛みを感じたり、故障が発生したら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

ザムストとは?

ケガ予防・再発予防にザムストのサポーターがおすすめ!

ザムストとは?