zv7qrnb

症例解説Body & injury

Shoulder

野球肩Baseball Shoulder

  • 原因や治し方(医療編)
  • 予防や対処法(トレーナー編)
image_01_06

疾患の概念

野球肩とは、滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、肩甲上神経麻痺による棘下筋萎縮、インピンジメント(impingement)症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)などの投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称です。 最近は野球の技術指導において、球速を増すために加速期からフォロースルー期に前腕の回内動作を推奨していますが、肘関節が伸展した状態では肩関節の内旋が強調されやすくなります。筋力の弱いジュニア期や壮年期の選手には、棘上筋腱などに過負荷が加わり障害の原因となりますので注意してください。技術的に速い球を投げることと、解剖的な肩への負担とは相反しているといえます。


好発スポーツ

野球肩はオーバーヘッドスローイング動作を行うスポーツ全般で発症しますが、特に野球のピッチャー、キャッチャー、バレーボールのアタッカー、テニスのサーブ・スマッシュ時、アメリカンフットボールのQB、水泳(クロール、バタフライ)、ハンドボール、陸上競技のやり投などでも起こります。


投球動作別受傷原因

野球の投球動作は、ワインドアップ期、コッキング期、加速期、リリース減速期、フォロースルー期の5相に大別され、それぞれの期において受傷原因が異なります。

ワインドアップ期特別な肩への負荷は加わりません。
コッキング期肩の外旋が強調されて肩後方の三角筋、棘上筋、棘下筋、小円筋が収縮し、前方関節包や肩甲下筋は引き伸ばされて肩前面痛の原因となります。
加速期肩の外旋から内旋の動きが強調されて、広背筋、大胸筋、大円筋が収縮します。腕が前方に移動するときには、肘関節内側にも負荷が加わります。
リリース減速期肩の内旋と前腕の回内が強調されて腕が前方に振り出されるため、肩後方の筋が収縮しつつ牽引されるというエクセントリックな力が生じます。よって、肩後方に痛みが発生したり、ときには肩甲上神経を圧迫(棘下筋萎縮の原因)したりします。
フォロースルー期腕が振り抜けて肩甲骨の外転が強調され、手指は遠心力によって血行障害を起こすことがあります。
image_01_02

鑑別疾患

インピンジメント症候群加速期に発生する肩の引っかかり症状の総称です。肩関節が90度以上外転した位置で外旋から内旋へ移行すると、上腕骨頭が肩峰、肩鎖関節、烏口突起、烏口肩峰靱帯などに衝突して、肩峰下滑液包や上腕二頭筋長頭腱の炎症、棘上筋腱の損傷を引き起こします。
リトルリーグ肩若年成長期の選手が、投球動作の加速期に外旋から内旋の動きでストレスを繰り返し受けることによって、上腕骨近位骨端線の離開を生じる疲労骨折の一種です。成長障害の原因になりますので、ジュニア期のオーバーユースに注意しましょう。

補助診断

レントゲンによる骨変化、関節面の適合性チェック、関節造影に加え、MRIによる棘上筋腱の損傷や関節唇の変化などを調べる。


治療

除痛や消炎目的で低出力超音波、低周波、低出力レーザー、アイシング、ホットパックなどの物理療法や、消炎鎮痛薬による除痛を試みます。疼痛が軽減したらストレッチングによる肩関節、肩甲胸郭関節(いわゆる肩甲骨)の可動域改善を行います。
また初期の段階では、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋などのインナーやアウターのマッスルトレーニングをアイソメトリックの状態で行い、その後は軽め(1kg)のダンベルやセラバンドを使用します(写真)。コドマンの振り子運動(1kgのダンベル)も有用です。最後に投球動作のフォームチェックを行いましょう。
インピンジメント症候群では、肩峰下滑液包内にヒアルロン酸ナトリウムや、ときにはステロイドの注入が有効です。その後、棘上筋や三角筋のストレッチングを行いましょう。最近では関節唇損傷や腱板損傷時には、関節鏡視下でデブリードマン(滅創や感染創などの壊死部分や異物を除去すること)や、肩峰が引っかかる場合は肩峰の骨切除による除圧術を行う場合もあります。

image_01_03

肩関節周囲筋のストレッチング

肩甲上腕関節のセルフストレッチングのほかには、トレーナーが肩甲骨を固定した状態でペアストレッチングを行います。肩甲骨を固定することで、肩甲骨と上腕骨の間を走行する筋を効果的にストレッチできます。
また、肩甲胸郭関節の機能低下に対しては、肩甲骨の自動運動を行い、肩甲骨の動きを改善させます。これは、肩甲上腕関節の運動において、肩甲骨と上腕骨とが連動しているためです。運動は投球動作に重要とされる内転、上方回旋の動きづくりを中心に行います。

image_01_04

ローテーターカフの機能低下

ローテーターカフの機能低下を防ぎ、上腕骨への安定作用を発揮させるには、胸郭上において肩甲骨の安定が保たれていることが必要とされています。よって、一般的なローテーターカフのチューブトレーニングのほかに、肩甲骨を安定させる僧帽筋や菱形筋などの筋力トレーニングも重要となります。

image_01_05

痛みを感じたり、故障が発生したら、すぐに医師の診察を受けることをおすすめします。

肩・ヒジ・手首・指の痛み 対策ハンドブック

肩のつくりから、ケガ予防のストレッチ法などをわかりやすく紹介!
「肩・ヒジ・手首・指の痛み 対策ハンドブック」

PDFダウンロード

「肩」のサポーターをご紹介

商品リストはこちらから