ZAMST

ザムスト コンプレッションシリーズ リニューアルのポイント

新しくなったコンプレッションの特長

HeiQ「SMART TEMP」による
“体温コントロール”機能

皮膚温や気温により、生地が汗を乾かす量を調節し体温をコントロール。暑いときほど、吸汗速乾機能が働き、それによる気化熱で皮膚温を下げ、寒いときには、汗の蒸散を抑え、汗冷えを防ぎます。

HEIQ SMART TEMP 体温コントロール

リニューアル

  • 履き口がスッキリ

    履き口がスッキリ
    履き口のバンド部の編み組織や、ほつれ防止の縫製位置を変更することで、履き口のダブつきがなくスッキリとしたデザインになりました。
    (カーフスリーブ)
  • アンクルサポートをプラス

    アンクルサポートをプラス
    足首に施した独自のサポートラインにより、足首をやさしくサポートする機能が追加されました。
    (カーフ&アンクルスリーブ)

従来からの特長

  • 段階着圧設計と筋振動抑制機能

    段階着圧設計と筋振動抑制機能
    手首から上腕(アームスリーブ)、足首からふくらはぎ(カーフスリーブ)にかけて圧力を段階的に弱める設計で、疲れやすい筋肉をサポート。また、腕やふくらはぎ全体を圧迫することで、疲労につながる筋肉の無駄な揺れを抑えます。
  • 伸縮素材ライクラ®ファイバーを採用

    伸縮素材ライクラ®ファイバーを採用
    優れた伸縮性を持つ繊維、ライクラ®ファイバーを採用し、快適なフィット感とサポート力を提供します。

    ※ライクラ®(LYCRA®)はインビスタ社の商標です。

効果検証 ザムストのコンプレッションは 本当に効果があるのか?

鳥居俊 先生

検証 1 筋振動抑制実験

  • 1
    目的

    疲労蓄積の一因とされる筋肉の余計な振動(揺れ)。コンプレッション製品がその振動を本当に抑えているのか検証。

  • 2
    方法

    ふくらはぎ、二の腕に加速度計を取りつけ、フォースプレート(力の強さを計測する機器)の上でヒールタップを実施。その時の筋振動の大きさと収束する時間を計測した。

    フォースプレートを使った実験風景。 フォースプレートを使った実験風景。
  • 3
    結果
    筋振動抑制率(8名の実験結果) 筋振動抑制率(8名の実験結果) カーフスリーブで約20%、アームスリーブで約10%振動を抑制する結果となった。
    加速度Y軸データ(代表例1) 加速度Y軸データ(代表例1) カーフスリーブ着用時の方が短時間で振動を抑えられている。
  • 4
    考察

    コンプレッション製品の着用により、運動時の筋肉の振動を抑制する効果が得られた。
    この結果が運動効率に与える影響は?

! 鳥居先生 CHECK

筋肉の余計な振動はエネルギーロスにつながります。振動を上手に抑えれば、運動中の力学的な効率を高め、エネルギー消費や疲労も最小限に抑えられるんです。

検証 2 筋振動抑制実験

  • 1
    目的

    運動による筋肉の疲労度合の指標の一つと言われる筋肉の硬さを、20km走の前後の変化で検証。

  • 2
    方法

    20km走の前後で下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋の内側・外側)の硬度の変化を超音波画像診断装置で測定。カーフスリーブ着用の有無*での比較を行いました。

    *20km走を約10日間の間隔を置いて2回実施。

    • *20km走を約10日間の間隔を置いて2回実施。 20km走を約10日間の間隔を置いて2回実施。
    • 超音波画像診断装置による検査。 超音波画像診断装置による検査。
  • 3
    結果

    ランニング後の筋硬度変化率

    ランニング翌朝の体調、全身疲労、ふくらはぎ痛のすべてについて、カーフスリーブを装着したグループの全員が「状態が良い」と回答しました。筋硬化度を測定する検査では、カーフスリーブを装着したほうが腓腹筋やヒラメ筋の硬化度が低く抑えられ、特にふくらはぎ外側の筋硬化を抑える効果が高いことが判明。

    wilcox符号付き順位検定 wilcox符号付き順位検定
    カーフスリーブ無 ランニング後 カーフスリーブ有 ランニング後
    着用・非着用時の画像比較。赤い部分が柔らかく、青は固さを表している。
  • 4
    考察

    コンプレッション製品の着用により、筋肉が硬くなる傾向が抑制されるという結果が得られた。その他、主観的な評価も含め、コンプレッション製品の着用によって期待できる効果は?

! 鳥居先生 CHECK

ヒラメ筋の外側の筋硬化を抑えられた。つまり、非着用時に比べ筋肉を良い状態で保てていると言える。今回の検証結果から、一部ではあるが筋疲労の軽減にコンプレッション製品が関与していると言えるのではないでしょうか。

鳥居先生のまとめ

2つの検証結果から見えてきた
ザムスト コンプレッションシリーズの装着効果。

  • ① 筋振動を抑制して、効率的な筋肉の動きを持続。
  • ② 着用することで筋疲労(筋硬化)を軽減。

走る。そしてジャンプする。運動中の筋肉は絶えず振動を続ける一方で、筋肉の無駄な動きをコントロールしようと抑える力が常に働き、負荷がどんどん蓄積されていきます。ザムストコンプレッションシリーズは、そんな筋肉の揺れを防ぎ、運動中の負荷軽減に効果が得られることが今回の検証でわかりました。コンプレッションシリーズは、ただ強く圧迫すれば良いのではなく、部位や筋肉の動きに合わせて適切な圧をかけることが大切です。その点、ザムストは段階的な加圧で、的確に筋振動を抑え筋硬化を予防する効果も加わり、運動中や運動後の疲労回復が早いなどのメリットも期待できます。特にふくらはぎ外側の筋硬化抑制に有意差が見られたことは、今回の検証の大きな成果とも言えるでしょう。ランニングはもちろん、バスケットボールやバレーボールなど、横の動きや急に止まる動きなど直線以外の運動が多いあらゆる種目に活用できると思います。

鳥居俊 先生

鳥居 俊 早稲田大学スポーツ科学学術院准教授
整形外科医
東京大学医学部卒業。東大病院、虎の門病院、東芝林間病院整形外科部長などを経て、2003年から早稲田大学スポーツ科学学術院准教授に。専門分野はスポーツ整形外科、発育発達(成長)学。大学では研究、教鞭をとるかたわら、トップアスリートのケガの診断や治療を行う。日本体育協会公認スポーツドクター、日本陸上競技連盟医事委員。自身もランナーであり、通勤ランを中心に日々走っている。

ユーザーの声

  • 比留木 謙司 選手(KENJI HILKE)
    比留木 謙司 選手(KENJI HILKE)
    アームスリーブ自体は、高校生の頃から使っていました。NBAの選手が着けていて、最初は憧れでしたね。でも、そのうち色んな機能が付いたものが出始めて、プロ2年目くらいからは、ずっとザムストのアームスリーブを使ってます。今回のリニューアルしたものもそうですが、ザムストのアームスリーブはズレ落ちずに圧迫をかけられるところが気に入っていますね。また新しく体温コントロール機能が付いて、快適性もアップした気がします。シーズンを通して着用したいですね。
  • 大口 真洋 選手(MASAHIRO OHGUCHI)
    大口 真洋 選手(MASAHIRO OHGUCHI)
    ずっとザムストのカーフスリーブを使っています。寒い時期には防寒対策として重宝してますね。でもそれ以上に適度に圧迫を掛けてくれるので、疲労対策にはもってこいです。いったん疲労してしまうと回復するのに時間がかかってしまうので、事前にできる限りの対策をしています。年齢も年齢なので(笑)でも、若いプレーヤーも、若いから大丈夫、すぐに回復するという感覚ではなく、しっかりと体のケアを意識することが大切だと思いますよ。

製品詳細

  • ザムスト アームスリーブ 抗菌防臭 UV99%以上カット
    ザムスト アームスリーブ

    効率的な腕の動きを促すために 腕全体を中心方向に圧迫することにより、筋肉のムダな動きを抑えパフォーマンスをサポートします。

    段階着圧
    体温コントロール
  • ザムスト カーフスリーブ 抗菌防臭 UV99%以上カット
    ザムスト カーフスリーブ

    疲れやすい、ふくらはぎの疲労対策に 理想的な圧力を段階的に加えて、
    ふくらはぎをサポートする着圧ストッキングです。

    段階着圧
    体温コントロール
  • ザムスト カーフ&アンクルスリーブ 抗菌防臭 UV99%以上カット
    ザムスト カーフ&アンクルスリーブ

    ふくらはぎの疲労対策と足首のサポートに 理想的な圧力を段階的に加えるサポート機能と、
    足首を軽く圧迫するサポートラインを配置。

    段階着圧
    体温コントロール
    アンクルサポート